日本赤十字社福島県支部桑折町分区                  (分区長 髙橋宣博桑折町長)

桑折町民による浄財「平成30年7月豪雨災害義援金」を日赤福島県支部へお届けいたしました。

(左より)日赤福島県支部事務局長 篠木敏明様・髙橋宣博桑折町町長・安細朋子赤十字奉仕団委員長・鈴木研宗社協会長 

 「平成30年7月豪雨災害義援金」について、町内回覧及び町内会長を通じて広く桑折町民に呼びかけ、町内の法人なども含めた浄財100万円

の目録を、日本赤十字社桑折町分区長である髙橋町長より、町民を代表して日本赤十字社福島県支部へお届けいたしました。

 桑折町民皆様の善意に感謝いたします。ありがとうございました。

「平成30年7月豪雨災害義援金」ご協力ありがとうございます。

大きな被害をもたらしました「平成30年7月豪雨災害」につきまして、現在義援金を募集しております。

 皆様にご協力いただきましてありがとうございます。

 全額日赤福島県支部へ送金し、西日本の被災された方々への支援に役立てられます。

伊達崎小学校 様

サロン松原 様

桑折町民生児童委員協議会 様

斉藤喜代司 様

「平成30年大阪府北部地震災害義援金」ご協力ありがとうございます。

大きな被害をもたらしました「平成30年大阪府北部地震」につきまして、現在義援金を募集しております。

 このたび、桑折町赤十字奉仕団様より義援金をお預かりいたしました。 

 全額日赤福島県支部へ送金し、被災された方々への支援に役立てられます。

赤十字事業の支援にご協力ください。

日本赤十字社

 桑折町社会福祉協議会では、日本赤十字社福島県支部桑折町分区(分区長 髙橋宣博(桑折町長))を担当しています。

 日本赤十字社は赤十字の基本理念の「人道」に基づき、国際活動や、災害救護活動を始め、医療事業や血液事業、救急法等の講習、赤十字奉仕団や青少年赤十字の育成などを行っています。

 それらの活動のために、桑折町分区では、毎年5月の社費募集や災害発生時の義援金の募集などを行っています。

 日赤の事業は、直接人命に関わる仕事が中心となっていて、毎年安定した資金が必要になります。社費が集まれば実施し、集まらなければ実施しないということではなく常に準備しておく必要があるため、毎年社費の募集をしています。

 皆様のあたたかい支援が人の命を救います。ご協力をお願いいたします。

 詳しくは、『日本赤十字社ホームページ(http://www.jrc.or.jp/)』または

           『日本赤十字社福島県支部ホームページ(http://www.fukushima.jrc.or.jp/)』をご覧ください。

ここに文章を入力してください

社協だよりバックナンバー
ボランティアセンター発行陽だまりバックナンバー
申請書ダウンロード

アクセス案内

社会福祉法人
桑折町社会福祉協議会
〒969-1643
福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地

(保健福祉センターやすらぎ園内)

TEL|024-582-1155
FAX|024-581-0256
受付時間
|9:00~17:00
定休日|土・日曜日・祝日及び年末年始12/29~1/3

メールでのお問合せはこちら