民生委員・児童委員(桑折町民生委員協議会事務局)

7月11日・12日、町内小学校との懇談会を開催いたしました。

半田醸芳小学校

醸芳小学校

睦合小学校

7月4日(水)、醸芳中学校との懇談会を開催いたしました。

 醸芳中学校との懇談会を開催し、意見交換会をいたしました。

 意見交換会の後は、授業の様子を参観させていただき、中学生の皆さん全員が授業に集中し、また体育での元気な生徒の皆さんに感心いたしました。

平成30年度視察研修を開催いたしました。

去る6月20、21日新潟・山形方面に視察研修

1日目は、新発田市の駅前にある複合施設「イクネスしばた」を見学後、新発田市民生委員協議会の委員の方々と懇談をしました。グループごとに分かれ事業内容、今抱えている課題、市・町の観光等話し合い、あっという間の有意義な時間が過ぎました。これからの活動に活かしていきたいと思います。

次の日は、山形方面の研修をして帰路に着きました。

 新発田市民生委員協議会の皆さま、新発田市社会福祉協議会の皆さま、「イクネスしばた」の皆さまありがとうございました。

新発田市民生委員協議会との懇談会の様子


新たに民生児童委員に亀岡和美さんが委嘱されました。

 この度、伊達崎地区(前屋敷・道林地区)の民生児童委員として吉本典子さんの後任として亀岡和美さんが委嘱されました。

 髙橋宣博桑折町長より委嘱状を伝達されました。

平成30年度 民生委員協議会新役員が就任しました。

          誰もが支え、支えられる地域づくりを目指して

  役員を中心に、34名の民生委員・児童委員が一つになって見守りや福祉相談事業を展開していきます。

 私たちは、地域の身近な相談相手です。

 あなたのお近くにも民生委員・児童委員はおりますので、気兼ねなくご相談ください。

 私たちには、『守秘義務』がありますので、相談の秘密は守ります。

         会 長     室井 峰夫(陣屋)

         副会長     横山 裕次(上成田)

         副会長     澁谷 園子(追分1・2・3)

         幹 事(桑折) 亀岡 正幸(西町)

         幹 事(睦合) 大槻 昭一(坂町・平沢)

         幹 事(伊達崎)斉藤 容子(中屋敷・大畑・吉沼)

         幹 事(半 田)山家 徳子(下高屋・荒屋敷)

         監 事     小野  繁(主任児童員・伊達崎・半田)

         監 事     古山千寿子 (諏訪)

会長挨拶

誰もが支え、支えられる地域づくりをめざして

 桑折町民生委員協議会 会長 室井 峰夫

 本年度は、全国で民生委員制度が創設101年目を迎え、地域福祉の一層の充実を図ることを目標に作成されたものがこの活動のスローガンです。

 私たち、民生・児童委員は、住民皆様に寄り添い身近な相談役・支援へのつなぎ役として、町・社会福祉協議会及び関係機関、団体等との連携・協同してだれもが安全に安心して笑顔で暮らしていける社会地域づくりを目指して日々活動しております。

 つきましては、少子高齢化等様々な課題・問題を克服していくのが、国を始め皆が目指す「地域力の強化」であり、そのためにも住民誰もが参加し、支え、扶け合いが重要かつ必須ものもとなってきます。

 またそれにより、私たち民生児童委員活動も一層やりがいと充実感を感じながら、活動ができ、住んでよかった町づくりを前進させていくものと思いますので、なにとぞ、皆様のご理解とご協力、そしてご支援のほどよろしくお願いいたします。

平成30年度 桑折町民生委員協議会事業計画

 今年度、桑折町民生委員協議会事業について、下記に基づき、活動を行います。

基本方針  

 私たち民生児童委員は、住民ニーズの「つなぎ役」 として町、社会福祉協議会、および多くの 関係機関・団体等と連携・協働して、任された地域の訪問活動を積極的に実施し、地域住民誰もが安心して暮らしていけるまちづくりを目指します。

 また、本利は民生委員制度創設100周年という大きな節目の年であります。このような中、国が進めている地域福祉や児童福祉法の改正に対応できる体制の構築が全国的に進められており、本町の民生委員活動もそれにあわせて取り組んでいくこととします。 

重点目標 1 

 地域の定期的な訪問活動を通して孤立や孤独の防止、高齢者や低所得者などへの相談 ・支 援、健康管理への目配り気配りなど安心して住み続けることが出来る地域社会づくりに努めま す。

重点目標 2

   民生委員・ 児童委員および主任児童委員の活動において、子育て世帯が抱える不安が軽減 されるよう努めます。  

重点目標 3

  民生委員一人一人が魅力 ・ やりがいを感じ、 充実した活動が継続できる体制を目指します。  

重点目標 4

  災害時要支援者支援活動に関する指針に基づき 「災害時一人も見逃さない運動」を支援・ 協力します。

 重点目標 5

  地域福祉の充実のため地域活動を支えてきた多くの団体と連携・協力します。  

重点活動方策 1

 「生活困窮者自立支援事業」に基づき、新しい福祉課題を抱える住民の発見に努め、関係機 関との密な連携強化を図ります。

重点活動方策 2

 任された地域の訪問活動は、「お互い様」と感謝しあえる関係を築くため、常にひとこと声掛け で双方向の人間関係を構築します。

重点活動方策 3

  高齢者の孤立を防ぐためサロン活動等をとおして町内会および社会福祉協議会と協力し、連携・協働によるまちづくりに努めます。  

重点活動方策 4

  民生委員活動がよりスムーズに充実感が持てるようにしていくため、勉強会・研修会に積極的に参加します。  

重点活動方策 5

   主任児童委員および学校などとの連携により、虐待等の問題を抱える子供の支援に取り組みます。

重点活動方策 6

  定例会時に委員同士が話し合える機会を増やし情報収集に努めます。  

重点活動方策 7

  包括支援センターとの事例検討会に定期的に参加し、難しい案件は関係機関も含め全体で対応します。

 重点活動方策 8

 民生委員が地域に存在する意義等を住民にPRし、活動しやすい体制をつくります。  

重点活動方策 9

 町内会や消防団及び警察署との連携協力を一層図るとともに、防災・避難訓練等にも積極的に参加し、安心して済み続けることができる地域社会づくりに努めます。

民生委員とは

 民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において地域住民の立場から高齢者や心身に障がいをお持ちの方等の相談に応じ、福祉制度の紹介やアドバイスを行います。
 民生委員はこんな活動をしています。

  • 地域住民の実情把握
  • 援助を必要とする方に対する相談・助言
  • 福祉サービスに関する情報の提供
  • 地域やボランティア団体などとの連携
  • 町の福祉部門や関係機関への協力
  • 地域福祉の増進のための活動など

児童委員とは

 児童福祉法により、民生委員は児童委員も兼ねており、妊娠中の心配ごとや子育ての不安に関するさまざまな相談に応じて支援をします。
 児童委員は、こんな活動をしています。

  • 子供や子育て家庭への個別援助
  • 地域での子育て支援
  • 地域での児童の健全育成など

主任児童委員とは

ご存じですか?地域のの身近な相談相手「民生委員・児童委員」

 児童委員の中から厚生労働大臣が指名します。児童福祉に関することを専門的に担当します。児童福祉関係機関との連絡・調整を行うなど、民生委員・児童委員と協働して、児童福祉分野での活動を行なっています。
 主任児童委員はこんな活動をしています。

  • いじめ、虐待等の問題を抱える子供の早期発見及び問題解決に、児童福祉関係機関との連携
  • 子育て世帯が抱える不安の相談
  • ひとり親世帯等家庭環境などの支援など

 現在、桑折町には34名(定数)の民生委員・児童委員及び主任児童委員がそれぞれの区域を受け持ち、活動しています。
 なお、民生委員・児童委員、主任児童委員は、法律で個人の秘密を守ることが義務付けられており、相談内容などを口外することはありません。
 お困りなことがありましたら、民生委員・児童委員にお気軽にご相談ください。

 お住まいの地区の民生委員・児童委員・主任児童委員の連絡先がわからないときは、桑折町社会福祉協議会内の民生委員事務局(電話 024-582-1155)または桑折町役場保健福祉課地域福祉係(電話 024-582-1133)へお問い合わせください。

社協だよりバックナンバー
ボランティアセンター発行陽だまりバックナンバー
申請書ダウンロード

アクセス案内

社会福祉法人
桑折町社会福祉協議会
〒969-1643
福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地

(保健福祉センターやすらぎ園内)

TEL|024-582-1155
FAX|024-581-0256
受付時間
|9:00~17:00
定休日|土・日曜日・祝日及び年末年始12/29~1/3

メールでのお問合せはこちら